仮想通貨で結果を出す【持つべき口座】メジャー・草・ICOコインへの対応環境を

2018年は勝負の年、チャンスの扉は常に開いておこう

b7e2d7fc11db122aad046310648b91a7_s.jpg

国内外において複数の取引所を持つべきとなるのは、
  • 売買可能な通貨の種類
  • サーバーダウン等、個別取引所(または交換所)のシステムトラブル
  • カントリーリスク、その他想定外のトラブル発生時における資金移動先確保
  • ハッキング等のアカウント乗っ取りに対するリスク分散
などが主な理由だ。

有望銘柄をいち早くその手に得られるチャンスを逃す事なく、緊急避難先として万が一を想定し、迅速に対応出来る態勢を整える事が重要なのである。

まずその基盤となるのはやはり国内の取引所、口座の開設や維持などに費用はかからない為、今からでも申し込みをオススメする。

他にもまだまだ取引所はあるものの、現状はこの3つで十分!!
今後SBI、DMM等の取引所がオープンすれば、またこちらのページで比較&紹介して進ぜよう。

使っていく内にそれぞれの特色も実感していくはず、最低2か所は登録しておくと後々便利じゃ。



【国内のおすすめ仮想通貨取引所】
数ある中から取引所の中から以下3つを絞ったのは、オリジナリティー、実績(取り扱いボリューム)、銘柄数を基準としたから。


  • キングオブコントの覇者かまいたちの動画CMでも有名なZaif(ザイフ)
取引所オリジナルのトークンZAIFに始まり、日本発の大規模ICOの枠組みとなるCOMSA、メジャー通貨であるNEMとの互換性の高いmijinの開発などなど、常に新しい試みに挑戦しているのが面白い!!

将来ZAIFトークンの評価もこれにつられて高騰するかも知れんな。


  • 取引所の先駆けbitFlyer(ビットフライヤー)
女優、成海璃子さんでおなじみ。

テレビをはじめマスメディアへの露出も一番乗り、ビットコイン売買ボリュームも国内No.1の最大手として充分が資金力、不正ログインに対し最大100万円の補償など安心サービスが充実。


本人確認作業など、国内での手続きには手間や時間がかかる為、”仮想通貨を始めたい”と思う少し前から申し込むと良いじゃろう。

 取引所名Zaifbit Flyer
 バナー




bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
タイプ取引所取引所
提携銀行住信SBIネット三井住友
取扱い通貨数5種類6種類
取扱いトークン数8種類
その他取扱いCOMSA
2段階認証
取引手数料-0.05~0.1%0.01~0.15%
※コインチェックは手数料はゼロだが、スプレッド(売買差額)設定がある為、割高。





【海外のおすすめ仮想通貨取引所】
国内に続いて、お次は海外へ目を移そう。

なぜ海外の取引所まで開設せんといかんのか?

これは”銘柄”の一点につきる(但し取引所間の価格差を利用したアービトラージは除く)!!

聞いたこともないようなコインに注目が集まり、結果数百倍~数千倍まで跳ね上がる銘柄がある。

小さな投資でとんでもないリターンを得られる可能性を秘めているのだ。

また上場直後のコインで、まだ日本上陸していない銘柄に仕込むのも先を見据えたひとつの戦略として有効な手段であろう。


  • 仮想通貨取引ボリューム世界No.1 Binance(バイナンス)
後発の取引所だがグングンと取引を伸ばし、今や世界一の座に君臨。

自社の発行するバイナンストークン(BNB)は、値上がりが大いに期待できる銘柄である為、要注目!!


  • 草コインの草分け(?!)CoinExchange(コインエクスチェンジ)
無名のコイン、現時点でほとんど価値のついていないコイン銘柄がナント450種類以上!!

より取り見取り状態なのがこの取引所である。

ただし本当に無価値なコインも混在している為、吟味する事が前提!!


取引所名BinanceCoinExchange
バナーbinanceban.jpgcoxban.jpg
タイプ取引所取引所
取扱い通貨/トークン数100種類以上450種類以上
2段階認証
取引手数料0.1%0.15%
送金手数料0.001Btc or 0.01Eth0.0008Btc
運営元所在地香港不明

ただしこれらは、残念ながら日本円でスタートは出来ない。

売買を進める手順として、
日本円→国内取引所で仮想通貨購入→海外取引所へ仮想通貨送金→仮想通貨で仮想通貨を購入
が必要になるので、手続きは国内の取引所と並行して進めると何かと都合が良いのでオススメじゃ。



この記事へのコメント